スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

混沌の使い魔 目次

続きを読む
スポンサーサイト

万年筆(金ペン)を購入

万年筆のような書き味が良いと校正作業などに人気と聞いたプラマンを使ってみて、なかなか良いものだと実感。
となると気になるのが、では、実際の万年筆はどんなものだろうということ。
メンテナンスやらが面倒だというのは聞いたことがあったので、なかなか良いけれど使い潰しても問題無いダイソーの万年筆や、プレピーというしばらく使わなくても乾かないという実用的かつ300円の格安万年筆を購入。

で、しばらく使ってみた感想としては、ボールペンのように手軽に使うのには向かないけれども、ただ一点、書き味という点においてはとても良いものだと実感。
書くに当たっての使い方もあるし、バッグに忍ばせておくというラフな使い方には向かないし、洗浄といったメンテナンスがあるから、実用品としての在り方は当然にボールペンに劣る。それなりの万年筆となると、そこに高価という部分が加わる。

ただ、書くということこにおいては、万年筆のファンがいるというのも分かるところ。ジェットストリームといった滑らかな書き味を追及したボールペンがあるけれど、それはどこまで万年筆に近づけられるかという段階で、まだまだ万年筆が上。加えて、ボールを転がすという仕組みのボールペンと違って、万年筆は毛細血管現象の仕組みを使っているから、筆圧が全くといっていいほどいらない。となると、長文を気持ちよく書きたいという場合には、万年筆が十分に実用品になるということ。考えていることをひたすら書くといった時には、万年筆がとても向いている。キーボードで打ち込むと再利用ができるけれど、どうしても校正をしてしまうから、やっぱり最初の段階では書くことにメリットがある。

――ということで、軸が金で書き味がさらに柔らかい、俗にいう金ペンを購入。

定価で1万円前後のエントリーモデルの一つ上、2万円クラスのパイロット カスタム742 ウェーバリーという特殊軸のペン。本当はエントリーモデルのカスタム74が良かったんだけれども、コツや使い込み無く滑らかに書けるらしいウェーバリーという軸を選べるのがこのクラスにしか無かったからには仕方がない。文具にしては高価な品になるので実際にお店で試し書きをしてみたかったけれども、ネットで買うと3~4割安いとなるので、勢いでAmazonにて購入。定価で買おうとすると、ネットだともう1ランク上のカスタム743が買えそうなぐらいだし……。

もちろんただ値段差だけの勢いというわけではなく、パイロットなら品質のばらつきが少ないだろうということ、ウェーバリーという種類はあまり調整を考えなくてもよさそうなこと、パイロットは1000円の格安メーカー修理があるということ。冷静に数字だけを考えればペン1本に14,000円、修理も格安といっても1000円に送料……というのはあるけれど、万年筆を色々と調べると、それでお手頃となる不思議。

実際、貴金属を使って宝飾品のような加工を手作業でやっているというものだから、高価になるのは仕方がない。実際に手に持ってみれば手の込んだ細工だし、比べれば確かに分かる書き心地。ちゃんと使うのであれば、中途半端なものよりはきっと書いていて楽しい。いや、もちろん高いんだけれど。気軽に持ち歩いて使うというのには、高いんだけれども。



――さて、これだけ良いものを買ったからには、しっかり使わないと。
キャラクターの作りこみさえ終われば、結構前に一章分の準備ができている話の仕上げができるわけだから。
容姿がどうとか、衣装がどうとか、今までほとんど意識してこなかったものだから、難しい。
文字だけだと不足で、やっぱり、二次元の形に落とし込んでこそだから。
それでいて、後から修正が効かないわけで。

また人事異動

また人事異動。
今の部署も人がいなくて、どうしてもという話での異動だったのにどうするのか……。

次の部署、条件が色々とあって、確かに社内で候補を探すとなるとほぼ自分が一択になるのは分かるけれども、そもそものところ、どうしても社内で探すからという、かなり無理やりな話。
普通は新しく人を入れて、10年単位で育てようよという部署。
比較的素養はあるけれども、自分も結局は一から勉強しなおしなわけで、今まで覚えてきたこと勉強してきたこととの直接の関係が無いのも痛い。

もちろん、メリットもある。
2人しかいない部署で1人が定年を迎えるからということだから、役職は付きやすい。
責任とイコールの役職が。
扱う業務の専門性が高いから、業務を覚えることでスペシャリストになれる。
基本は異動も無い少人数の特殊部署で、普通は希望しても配属されない。

とりあえず、異動自体は決まったようだから、サラリーマンとして従う。
問題は、今の部署とその前の部署の仕事を無理やりやっていて、もともと無理して自分が処理していた分をマニュアルを作ったり色々やって回るようにする方法を考えろという、本当に仕事をしない上司。
管理職なのにその場しのぎで何も考えてこなかったツケだけ押し付けられても……
それでいて残業は減らせで、せめて、邪魔はしないでくれないものかと。

今の部署、その前の部署、どちらも仕事をしない人間をそのままにするから他がカバーすることになる。
残っている人のことがあるからなんとか回るように考えるけれど、元々無理があったところだから、無理な部分が大量に出る。

――人を増やすなら話がだいぶ違うけれど、それはしないという。




キャラクターデザイン

キャラクターデザインは、バックグラウンドを含めてだいたいできている。
一章分の話も作ってキャラクターが動く舞台もあるから、方向性も大丈夫。
けれども、デザインは文字と検索やらで集めた参考画像資料の集まりとしてで、どうしてもぼやける。
やっぱりイラスト的に形にしないと、将来的にぶれそう。

となると、自分で形にするのは難しいから、結構な人がやっている有償依頼というものが良いのか……。
それなりに費用がかかるのは仕方ないと分かっているし、設定資料的なものは十分に出せる。
ただ、デザインとなるとどうしても相互のやり取りが発生するから、多少なりとも知った相手でないとなかなか厳しい。
イラストをお願いすればやってくれそうな知り合いはいるけれど、求める画風と違いすぎる。
そこから知り合いを紹介してもらうにも、つながりが同系統の雰囲気があるし、そもそも言いづらい。

何度か試しに見に行ったきりではあるけれど、コミケ、行ってみようか。
絵柄が好みの人が数年ぶりだかで出るらしいから、直接話してみて感触が良ければ……
初期段階でキャラクター5人程度となると、一月拘束ぐらいの費用かな。
そもそも、仕事としてやるようなタイプではない気がするけれど、そこもまあ、話してみないと分からない。
完全に個人の趣味でやっていてそもそも話が相いれないというものあるわけで。

ルーン

元々神話とかのオカルト的なものが割と好きだったから、話を作り変える中ではそのあたりはしっかりしたい。

ベースはルーンで、物語のキーにオーディン由来の原初のルーンを使うことは確定で決めていて、実際に一章分は大まかに組みたてた。
けれども、書き込もうとすると、そのベースにできる資料的なものが少ないような……?
いや、マイナーだからこその自由度があって良いんだけれど、原初のルーンの少なさと曖昧さと微妙さときたら……。
そのあたりは文字の本質を曲げない範囲のアレンジで大丈夫と思っていたけれど、確定のものを作ろうとすると色々と無理が出てくる。
18しかないのに、女性の心を捉える情愛の呪法に、女性の心変わりを押さえる貞節の呪法なんてものがある。
本質部分を心に作用するものとかにまとめたり分けたりしようとしても、他のルーンと微妙にバッティングしたり。

オリジナルなら当然といえば当然なんだろうけれど、その物語のルール作りはなかなか大変。
もちろん、そこが楽しくもあるけれど。
ただ、凝りだすと名前一つにも意味とルールと他との関連と際限なく……。
そして更に、やりすぎてもそれはそれで欠点になったりと、終着点が難しい。
何より、自分自身で把握しきれなくなりそう。



ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

Libertouch

老騎士

スライム

iPad miniと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。