現代人のお気楽極楽転生ライフ 二度目の完結

現代人のお気楽極楽転生ライフ
ここ最近ずっと電車の中でも読んでいたんだけれど、追いついたところでようやく完結。
まずすごいのが、300話もあるんだけれど、連載自体は1年もない。
なぜかというと、一度目の完結までは毎日連載だから。
決して一話一話の文量が少ないわけじゃないから、とてつもなくすごいこと。

そして内容も面白い。
主人公がひたすら「おっぱい」が大好き。
「ご立派な使い魔」に勝るとも劣らないぐらい変態チックなんだけれど、文句なしに面白いし、その設定もきっちり生かしている。
なおかつ、戦争だとかシリアスな部分にも妥協がない。
ギャグとシリアス、どっちもというのはなかなかできないこと。

気苦労な成り上がり

気苦労な成り上がり
ゼロの使い魔、転生の――最終的には内政とかやるのかな?
貴族が平民相手に作っちゃった子供にというものなんだけれど、現代知識を最初からなんてことはなくて、丁寧に丁寧に話をすすめていく。
ちょっと誤字とかは目立つけれど、話自体は丁寧に進めていって、なおかつ更新速度は速いみたいだから期待できそう。
20話目なのに原作関係ないけれど、逆に言えばそれだけ丁寧ということかな(笑)

水の国の王は転生者

水の国の王は転生者
トリステインの王子として転生してというもの。
最初の始まり方とかはちょっとどうかと思ったけれど、内政を行うのに人材をどこから持ってくるのかとかアイデアが良い感じ。
ヒロインはカトレアで、エレオノールもかかわってきそうとかがあまりなさそうな展開。
これからが期待できそうな作品。

ケティ・ド・ラ・ロッタの事も、時々思い出してあげてください

ケティ・ド・ラ・ロッタの事も、時々思い出してあげてください
たまに目にしてはいたけれど、なんとなく読んでいなかった作品だったけれど、読んでみると面白い。
結構な分量があったけれど、スマートフォンを駆使して携帯で読破。
お気に入りとかのやりとりとかがよく分からないけれど、見たいものさえ決まっていれば、こういう時にもスマートフォンは便利。

それはそれとして、しっかり話を作りこんであるし、問題にならない程度にメタなギャグ、かなり好みです。
あえて問題を言うのなら、ケティである必要性はあったのか、なぜわざわざTSで転生の必要があったのか、多少気になる点はあるけれど、ちゃんと理由もあとで出てくるだろうと思えば問題なし。
更新も割と定期的にあるようなので、安心して読める作品です。

転生?チート?勘弁してくれ……

転生?チート?勘弁してくれ……
ゼロの使い魔の――転生モノ。
ついでに、死んでから転生する時に神様から一つだけ能力をと、かなり大量の数があるんじゃないかというもの。

――でも面白い。
もらった能力、コミュニケーション能力を原作を壊さない程度にバランス良く使う。
物語の立ち位置としても面白くて、なかなかない方向に原作を変えていく。
更新も早くてオリジナリティ、文章力ともにおすすめの作品
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

老騎士

スライム

iPad miniと