女の子の日

ひな祭りと、これまたせっかくなので……
気軽にシナリオ形式――でいいのかな(笑)






廊下でばったりと出会ったエレオノールとマチルダ

エレオノール
「ちょうど良かった。私、マチルダさんに話したいことがあったんですよ」

マチルダ
「……奇遇ですね。私もですよ」









ルイズの呼び出しで集まったテファにウラル、ルクシャナ、そしてシルフィード。

ルイズ
「――明日は女の子の日なのよ。だから、あなた達にお姉様とミス・ロングビルのことで話しておくことがあるの」

テファ
「えっと、女の子の日ですよね? だったら、二人には関係ないんじゃ……」

ルイズ
「はい、アウト」

間髪入れず、テファの額に落ちるルイズのチョップ

テファ
「痛いです……。何で叩くんですか………」

ルイズ
「今日集まってもらったのはね、二人の前でそういうことを言わないように注意するためなの。分かった?」

テファ
「……えっと、ダメなんでしょうか?」

ルイズ
「いいかげん、おっぱいばかり大きくしないで、常識も勉強しましょうね?」

テファ
「ふぇぇぇ………」

ウラル
「うぅぅぅ………」

ルイズ
「ウラル、虐めないから。泣かなくていいから。ね? ――とにかく、歳のことは厳禁。分かった?」

シルフィード
「たかだが、数年ぐらいのことでごちゃごちゃと……。シルフィには理解できないのね」

ルイズ
「偉大な韻竜様には分からないでしょうねぇ………」

シルフィード
「んふ? ようやくシルフィの偉大さが分かったのね?」

ルイズ
「はいはい、すごいすごい」

シルフィード
「んー、何か馬鹿にされているような気がするのね」

ルイズ
「わ、本当にすごい。ちゃんと分かったのね。びっくりしたわ」

シルフィード
「ふっふっふ。そうなのね。シルフィはすごいのね。……ん? ……んー?」

テファ
「あの、シキさんには?」

ルイズ
「……いいのよ。既にもう、馬鹿なことを言って2人に説教されてたから。そもそも、それを見て思い出したのよ。正座して説教されているのを見て、本当に切なかったわ………。だから、次に地雷を踏みそうなあなた達に言わなきゃって思ったのよ」

一同
「うわぁ………」







そして、当日。子供たちへ、エレオノールとマチルダからささやかながらご馳走を。皆が素直に喜ぶ。ごく一部を除いて。

ルシード
「テファお姉ちゃん」

テファ
「……えっと、何?」

ルシード
「テファお姉ちゃん、何かあったの? ウラルちゃんもルクシャナさんもやたらとびくびくしているし………」

テファ
「……ルシードは気にしなくてもいいと思うよ?」

ルシードはただ、首をかしげる

そして、お菓子の取り合いになりそうな子供たちへ、マチルダとエレオノールがやんわりと注意する。

マチルダ
「ほら、今日は女の子の日なんだから、女の子が優先だよ?」

エレオノール
「ああ、私たちはもう卒業しているから、皆で食べちゃっていいから」

テファ
「あ、あれ? 年のことを言っちゃいけないんじゃなかったのかな?」

マチルダ
「テファ………。ちょっとおいで」

恐る恐るテファが近づくと、ぺしりとデコピン。ただ、しっかりと音が聞こえる、少しばかり力のこもったもの。

テファ
「ふぐっ………。い、痛いよ、姉さん……」

マチルダ
「別に年のことを言われたって気にしないけれど、テファはもー少し常識の勉強が必要かもね」

テファ
「うぅ、皆して………。だって、シキさんには………」

エレオノール
「やっぱり変に気を回したりしてたのね。ルイズかしらね? ………まあ、いいわ。テファさん。物事にはね、言っていい人と言っちゃいけない人がいるの。女心っていうのは複雑なのよ。テファさんにもそのうち分かるようになると思うわ」







テファ「――難しいよ」

シキ「――理不尽だ」
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

Libertouch

老騎士

スライム

iPad miniと