トネリコの王 購入



珍しく発売日を覚えていたので、薬屋のひとりごとと同じ作者さんのトネリコの王をアマゾンではなく、実際に本屋で購入。
実際に読むのはキンドルで購入したSFが先だけれど、さて、いつごろになるかな……

それはそれとして、小説家になろう関係の書籍が結構増えていて、そういうコーナーらしきものができている。
増えるのはいいんだけれど、それって本当に購入のレベルまで行っているのかどうか。
全体の数割しか知らないけれど、知っているうちの半分以上が商業ベースだと厳しいんじゃないかというもの。
無料で、かつ、定期的に更新されていれば読むけれどといった。

そういう業界と言ってしまえばそれまでだけれど、どれだけの人が続けられるか心配。
ラノベってジャンルとしてそこまで大きくないし、その中で乱立となればかなり厳しいんじゃないかと思う。
加えて、良いものも地雷ジャンルになるんじゃないかという……

コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

Libertouch

老騎士

スライム

iPad miniと