08 «  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. » 09

Freccia Celeste

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback |  -- comment |  edit

△page top

いじめられっこ 

Posted on 18:00:36

ファーティマに対する救済──になるかは別として、こちらも書きたいものとして。
18禁シーンは……書きたいは書きたいけれど、需要があるかも分からないので省略で(笑)









 そっと髪を撫でる。

 華奢なファーティマは、私の胸元にようやく届くかといったところ。部屋に戻るなり縋りつき、そのままだ。落ち着くまでとは思ったが、もう、どれだけこうしているだろう。

「ファーティマ、そろそろ落ち着いたか?」

 返事の代わりに、顔をうずめたまま首を振る。年相応というより、むしろ小さな子供を相手するような。

 さて、どうしたものか。

 イザベラからは「後は任せた」と言われたが、何があった? 無理に引き離そうとすると、捨て犬のように涙ぐむ始末。

……むぅ。

 女性の扱いは人並みではあると思うが、流石に子育ての経験などない。あえて言うのならルクシャナの面倒を見た程度。それとて、時折会った姪として。どうしたものか……。










 ベッドでは、ファーティマが体を丸め寝息を立てている。

 どこか遊び疲れた子犬を思わせるが、しかし、かすかに膨らみ始めたその胸は確実に大人へと近付いている。そう、今ファーティマはその身に何も纏ってはいない。そして自分も……

「……どうして、こうなった」

 思わず頭を抱える。

 決して、ファーティマが悪いわけではない。悪いのは、誘いに乗ってしまった私だ。たとえ、ファーティマは満足気に寝ているとしても、けじめを取らなくてはならない。例え、何を言われようとも受け入れよう。

 養子縁組の手続き、正式に認証されるには時間がかかるはずだが……

「まだ間に合うか?」

「──おとう、さま?」

 ふと、ファーティマの声。ゆっくりと体を起こすが、ふらふらと危なげ。抱きとめると、そのまま体を寄せる。何とはなしに髪をすくと、くすぐったそうに体をふるわせる。幼子のようなその仕草は可愛らしくも、だからこそ、罪悪感を感じる。

「その、……なんだ。辛くなかったか?」

 ファーティマは首をかしげ、意味が分かったのか頬を染める。

「優しく、してくれたから。その、初めての時は痛いだけだったけれど、お父様なら、嬉しいから」

 そこまで言って、恥ずかしいのか、顔を胸にうずめてくる。

「……えへへ。お父様のが、まだ入っているみたい。ジンジンして、気持ち良い、かも」







 ファーティマを、ベッドに押し倒した。ベッドの上で、目を白黒させるファーティマ。

「……え? ま、まだするの?」

「嫌か?」

「い、嫌じゃないけれど……。ほんとは、まだ痛いの。だから、優しく、して?」

 涙に濡れた目で懇願するファーティマ。

「……ファーティマ、それは逆効果だ」

「……え? え? あの、え?」










 時をおいて訪れる試練。

「……イザベラか」

「いやぁ、もしからしたらと思ったけれど、本当にか。正直、ドン引きだよ」

 しかし、言葉と裏腹、ニヤニヤと笑っている。

「あーあ、ルクシャナが知ったら何と言うかね。あんたには随分と懐いているようだったし。娘にしてそうそう手を出すなんて、その為に引き取ったと思われても仕方ないよねぇ」

 そのまま、おかしくて仕方ないとばかりにクツクツと笑う。人の物語にある悪の女王とは、まさにこの者の為にあるとばかりに。

「──謀ったな」

「さあて、娘に手を出すような変態の言葉なんて聞こえないね。私はあんたのこと、信じていたのに悲しいよ」

 泣き崩れる──と見せかけ、爆笑する。


△page top

この記事へのコメント

No title

明けましておめでとうございます。
いつも楽しく読ませて頂いてます。

ファーティマ、ルクシャナのおばちゃんになっちゃうのですか?w
まあ、ファーティマ的には居場所が出来て良かったのかなあ…と。

ナナシ | URL | #Scvb2jZI

2014/01/04 20:11 * 編集 *

Re: No title

> 明けましておめでとうございます。
> いつも楽しく読ませて頂いてます。
>
> ファーティマ、ルクシャナのおばちゃんになっちゃうのですか?w
> まあ、ファーティマ的には居場所が出来て良かったのかなあ…と。


おばちゃん──それで一つ作れますね(笑)

you | URL | #-

2014/01/04 20:36 * 編集 *

No title

何度もすみませんm(_ _)m

ファーティマとルクシャナの話、読みたいですw
あと、今思いついたのですが、ビダーシャルおじさまって
シキと立場を超えたお友達になれそうですw

ナナシ | URL | #Scvb2jZI

2014/01/04 21:04 * 編集 *

Re: No title

> 何度もすみませんm(_ _)m
>
> ファーティマとルクシャナの話、読みたいですw
> あと、今思いついたのですが、ビダーシャルおじさまって
> シキと立場を超えたお友達になれそうですw

ファーティマ、ビターシャルとセットでルクシャナに説教をくらう、もしくは、両刀ルクシャナとか……
難点はしばらく2人が会う機会がしばらくないことですね。

立場を超えたお友達にする場合、豚も混ざってのギャグですね。

you | URL | #-

2014/01/04 21:29 * 編集 *

△page top

コメントを投稿する














管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL

→http://ineverforget.blog25.fc2.com/tb.php/4489-9733978b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。