叔母様

結婚するというと、親戚付き合いとかも大変そうなイメージもあるので、こんな話も一つ。




 ルクシャナがフォークを置く。

「ありがとう、アリー。やっぱりあそこのケーキが一番よね」

 にっこりと笑う、ルクシャナ。澄まし顔も綺麗で好きだけれど、一番はやはり笑顔。日に焼けた肌にも映える。

 最近お気に入りのケーキを──俺の分まで──食べて上機嫌。渡すのにこれ以上のタイミングはないだろう。

「ん? 手紙? ──あ、叔父様からじゃない」

 出し主を確認して更に上機嫌になるルクシャナ。プレゼントを受けとった子供のように、楽しげに封を開く。敢えて俺経由で届いた手紙を。

 読み進め、楽しそうな表情が寂しげに陰る。

「……そっか、叔父様も結婚するんだ。うん、喜ばしいことだね」

 ルクシャナは何かを懐かしむように目を細める。

 昔、ルクシャナは俺に言った。それが初恋かどうかも分からないけれど、初めて憧れたのがその人だと。悔しく思うと同時に、誰からも尊敬されるあの人ならばと納得してもいた。もしかしたら、とられることはないという安心もあったのかもしれない。

 そして、ルクシャナは──

「はあっ!?」

 バンと音をたて、ルクシャナが立ち上がる。手紙を握る指はブルブルと震えている。顔は、怖くて見れない。だから、嫌だったのに。

「……な、なあ、ルクシャナ」

「相手が私より年下ってどういうことよ!?」

「……その、色々と事情があるんじゃないかと」

「どういう事情よ!?」

 ルクシャナの射抜くような視線をビシビシと感じる。目を合わせずとも、はっきりと分かる。

「……やっぱり、おかしいな。うん」

 すみません、納得させるのは無理そうです。俺には、無理です。辺境から戻ってきてから、ルクシャナが怖いんです。

「私には子供に興味がないと言っておきながら……」

 ああ、ルクシャナが本気で怒っている……。

「おかしいでしょう!? ねえ!?」

 ガシリと肩を掴まれ、力任せにゆすられる。椅子が、激しく軋む。

「あ、俺? ……た、確かに子供にというのは良くないな」

「うるさい! 誰が子供よ!」

 ズドンと腹に響く衝撃。

「ぐぅ……」

 そして、両肩にルクシャナの手。

「ねえ、あなたもそう思うの? 私が子供だって。私に胸がないからかしら? 正直に言ってくれる? 怒らないから?」 
 
 そ、そんな引きつった笑みで言われても……。正直に言ったらまた殴るだろうに。

「そ、そのだな……。ルクシャナにはルクシャナの魅力的な所があって……」

 ルクシャナの指が俺の頬に触れ、顎へと伸びる。顎を持ち上げるっていうのは、もう少しロマンチックなシチュエーションの方が嬉しい。あと、さっきのような笑顔の方が嬉しいな。

「じゃあ、アリーは私のどこが魅力的だと思うのかしら?」

「る、ルクシャナは綺麗だから……」

「他には?」

「たまに可愛い所を見せてくれるし……」

「たまにってところが気になるけれど、他には?」

「すらっとして、スレンダーな所とか……」

「ねえ、それって胸がないってことかしら?」

「い、いや、そんなつもりは……。ぐふっ……」

 ま、また同じ場所を……

「私はエルフの中じゃ平均ぐらいよ! テファが大きすぎるのよ!」

 ……テファって誰。ああ、意識が遠くなってきた……









「──今は行けないけれど、一度はこっちに戻るわよね。ふふ、叔母様、会える日を楽しみにしているから。叔父様も、ねえ?」


 すいません、やっぱりダメでした。俺にルクシャナは止められません。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

Libertouch

老騎士

スライム

iPad miniと