スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ここ最近読んだものなど

ここ最近読んだものを
銀の匙12

 流石の実力派。単純に夢に向かって頑張るというだけでなく、実際に形にするにはということをきっちり考えて描写している。こういう熱さは本当に良いと思える。そして、こういうのを見ると本当に頑張らないとなぁと思ったり。


山猫姫

 とある人の紹介で読んだところ、面白い。軽い作風なんだけれど、実際の歴史を混ぜたりアレンジしたりと、良い意味でラノベらしさが出ている感じ。一から突拍子もない話を作るよりも作りやすいし、納得しやすい。こういう作り方は参考になるなぁと思うところ。
 ただ、こういうちょっと古い本になると、やっぱりブックオフで100円で買ってしまう。よほど好きなら別なんだけれど、実際に100円で売っていると、それに比較して値段を考えてしまうから。電子化すれば作者の利益になるとは思うけれど、現実的な所はやっぱり難しいんだろうと実感。
 ただ、定価販売とかの仕組みを度外視すれば、ブックオフの値付けの基準は参考になりそうとは思うところ。紙の本が600円なら、電子版は350円で販売、時間が経つに連れて、 250円、 100円みたいな感じ。値崩れの問題はあるけれど、実際に財産としての物があるのと、使用権みたいなものを同列にというのはやっぱり実感としてね。相場っていうのはどうしても既にあるということを踏まえても。


彼岸島16

 ホラー(笑)として見ると楽しい作品なんだけれど、まさかこう来たかという展開。真面目に色々とはずしていくというのは、手法としてなかなかに好み。


テンプリズム

 め組の大吾や昴、ドラマ系作品での実力派が本格ファンタジーを描いたというレビューを見て、気になった作品。これまでの作品、実は読んだことがないんだけれど、読んでみると確かに骨太の作品。ファンタジーとしての粗さはあるけれど、これからどういう方向に向かっていくのかというは非常に気になるところ。心理描写、ストーリー作りとかで確かな実力派であるからには。


ディジェネレーション

 バイオのフルCG映画。何と無く見ていなかったけれど、これはこれで有りかなという作品。実写版の方はどんどんとんでもものになっていくのに比べると、まさにゲームを映画化したという感じで、むしろ正統と言えそう。実写の中にCGモンスターってやっぱり違和感があるならいっそこの方向で頑張っても良いのではと(笑)


アイアンスカイ

 うん、これは良いB級映画(笑) 月からナチが攻めてきたという煽りに展開が負けない、本当にやりたい放題な作品。見たことがある光景に、それを言っちゃうかという風刺的な部分もあるのはなかなか好感。あと、ヒロインのレナーテは結構魅力的かなと思ったり。


ストレンヂア

 もっと話題になって然るべきアニメということだったけれど、全くもってその通り。とにかく全てが丁寧に作られていて、特に、殺陣なんかは動きが良くてアニメの中でもぶっちぎりかも。うん、まどかマギカでジブリ、ディズニー以外のアニメがようやく真っ当に評価されたけれど、これもまた評価されるべき作品。ジブリやディズニーもすごいけれど、特に最近のもの、自分にはストーリーとか理解できなかったし……




 ちょっと長めの普通の旅行になりそうだけれど、新婚旅行は北海道に行くことに。旅行なんてあまり構えずに適当にと思っても、それを態度に出すと色々とまずいことになる。

 ──うん、本当に。
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2014/09/07(日) 12:51 | | #[ コメントの編集]
Re: No title
ありがとうございます。
結婚式はしないので、来月入籍です。
なので、あとは手続きというか(笑)
2014/09/07(日) 19:52 | URL | you #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

Libertouch

老騎士

スライム

iPad miniと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。