サラダボウル

ハロウィン関連は続けて書いてきたので、1日遅れでも──いや、あえて1日遅れの話で。








 鮮やかな、若葉色のワンピース。小さな体にふわふわの小さな羽で、本当に妖精みたい。

 背中の、まだまだ頼りない母親譲りの羽を一生懸命使って、飛びついてくる。大切な、壊れちゃいそうな体を抱きかかえると、柔らかな羽が心地よい。ずっと触れていたいと思うけれど、やりすぎると嫌われちゃう。前にそれで、羽で叩かれちゃった。でも、それはそれで気持ちよかったなんて言ったら、怒られちゃうかも。

「もう、飛べるようになったんだね?」

 笑いかけると、元気良くうなずく。

 こうやってやんちゃな所は、お父さん似なのかもしれない。少しだけ心配だけれど、でも、女の子だって元気が一番。優しげな顔立ちはお母さん似で、それでいてお父さんの良い所をいっぱい持っている。きっと、魅力的な女の子になると思う。お父さんはきっと大変だ。

「ね、ね。これ、可愛いでしょう? テファおばさんとお揃いだよ」

 嬉しそうに自分の──仮装としてつけた、長く尖った耳を引っ張ってみせる。

「うん、お揃いだね。それも、お母さんが作ってくれたのかな?」

「ううん、これはお父さん。服がお母さんで、こっちはお父さんなの」

 背中の羽がぱたぱたと暴れて、少しだけくすぐったい。

「ふふ、エルフの仮装なんて面白いね」

「うん。それにね、私は飛べるから、すごいエルフなの」

「あはは、そうだね。じゃあ、みんなにも見せてあげないと」

「そうだね。でね、これからみんなでお菓子をいっぱい、いっぱい集めるの。テファおばさんにもいっぱいあげるからね」

「うん、楽しみにしているね」

 地面におろしてあげると、また元気良く走っていく。

 走った先には、赤、青、黄色──本当にカラフルな格好をした子供達。フリルいっぱいのドレスだったり、格好良い騎士の格好だったり、魔法使いの格好だったり。それに加えて、獣耳がついていたり背中に羽があったりだから、本当に賑やか。誰がどんな人種なんだかなんて全然分からないし、関係無い。みんな楽しそうで、私はそれが嬉しい。

 みんな、お菓子が待ちきれないのか、手を取り合って走っていく。仲の良い子同士で、一斉に走っていく。無くなったりなんてしないように沢山準備しているけれど、転んだりしないか、それだけが心配。

「エマちゃん、どっちがいっぱいお菓子をもらえるか、競争だよ」

「うん、負けないからね。テファお姉ちゃんにもいっぱいあげるんだから」

 エマが私に、楽しみにしていてと手を振っている。真っ赤な、鮮やかな赤いドレスは、とてもエマに似合っている。
コメント
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

老騎士

スライム

iPad miniと