スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思い出と共に


 小さな丸テーブルの中心に、寂しげな蝋燭の明かり。

 マチルダは、ワインを味わうでも無く、ただ飲んでいた。ゆらゆら揺れる炎と、丸っこい瓶の影。

 グラスの影が一つ、加わる。

「──珍しいね、テファ」

「たまには、そういう気分にもなるわ」

 既に寝衣に着替えたテファが微笑む。飾り気が無くても、いや、だからこそ、ぼんやりとした明かりの中のテファには、幻想的な美しさと儚さがある。姿は少女のままでも、身に纏う空気は、大人びた。

「……そう。あんたはほどほどにしなさいね。そんなにお酒に強くないんだから」

 グラスの半ばまで赤い液体を注ぎ、そして、自らのグラスには溢れんばかりに注ぐ。

「何か、簡単なものぐらい作ろうか?」

 テファの問いに、マチルダは首を振る。

「いいよ。私を太らせないで。私はいいからさ、残っているチーズは食べちゃっていいよ」

 皿には、チーズのスライスが数枚。テファの記憶が確かであれば、半分も減っていない。

 テファは、チーズを少しだけ齧って、ワインを傾ける。渋みのある、重い味わい。普段なら口にしない。

 眉根を寄せるテファに、今度はマチルダが微笑む。上目遣いに見返すも、置かれたグラスは、注がれた時からほんの少し減っただけ。

 テファもちびりちびりと飲む中で、マチルダのグラスが空になった。テファのグラスは、ほとんど変わらない。マチルダが水を持ってくると、テファは無言で飲み干した。

「無理しなくていいから。──で、何か言いたいことがあるんでしょう?」

 テファは、未だにワインの渋みに耐えるような顔。

「……姉さんは、寂しいって思うことはない?」

 今度は、マチルダがそんな顔になる。

「……随分とストレートな質問ね」

「だって……」

 泣きそうな顔に、マチルダは仕方ないなと苦笑い。昔のようにテファの頭を撫でると、テファは困ったように口を尖らせるも、はね退けたりはしない。

「寂しいとは、思うわ。例えば、冬に、ふと人肌恋しくなったりね。でもね、私はあなたを選んだの。大切な妹がとても大きなことをしようとしているのに、一人になんてできないわ。あの人は一人でも大丈夫だし、私だけじゃないから」

 マチルダの指が、空のグラスの縁をなぞる

「それにね、思い出は消えないの。たとえ、あの世界が無くなったことになっても、覚えているのが私達だけになってもね。私は、一生の宝物をもらったの。ね、そうは思わない?」

 真っ直ぐな視線に、テファは目をそらす。

「……でも、過去だけを見ても苦しいだけでしょう」

「うーん、あなたに言われると……」

 今度はマチルダが困った表情になる。過去だけを見てをいけないとは、かつてマチルダがテファに言い聞かせた言葉でもあったから。

 テファは、マチルダを見つめる。

「ねえ、新しい恋だっていいじゃない。──例えば、ワルドさんとか」

 思わぬ言葉に、マチルダが咳き込む。

「なんであいつの名前を……」

「でも、あの人は姉さんのことが気になるみたいだけれど。前にこの国に来た時、一緒に飲みに行ったでしょう? あの、帰らなかった日」

「……誰にそんな話を聞いたのよ?」

「それは秘密」

「……うー。でも、何もないからね。ただ、飲んだだけ。それは、ちょっと、飲みすぎちゃったりしたけれど……」

「でも、あの人のこと、嫌いじゃないでしょう?」

 マチルダは渋い顔。

「あいつはダメ男の匂いがする。それに、マザコンっぽい気もする」

「そういう人は、嫌い?」

「あんたも言うようになったわね……」

「私だって、いつまでも子供のままじゃないわ」

「……強くなったのは良いけれど。まあ、また飲みに行くぐらいはするかもね。でもね、私は私自身で選んだから、あんたが気にすることはないのよ。私のことはいいから、あんただって自分の幸せを見つけなさい。誰かの為にっていうのは、これまでずっとやってきたんだから」

「あら、私は幸せよ。家族だって、沢山いるもの。血のつながりよりも、もっと大切なつながりの」

 自信たっぷりのテファの表情に、マチルダは幾人もの玉砕者を思い浮かべる。

「男共がなりたい家族というのは、ちょっと違うみたいだけれどね」

「それは……。どうしても、弟か、子供としか見れないというか……」

「分からないでもないけれど、あんたは全然老けないから、余計にたちが悪いよ。言うなら、小悪魔?」

「う、うー……」

「ごめんごめん。ちょっと意地悪な言い方だったね」

「そうだよ。皆、大切な家族なのに」

 子供の頃のように頬を膨らませるテファに、マチルダも温かい気持ちになる。

「随分とまあ、大きな家族だ。それに、これからも増えていくわけだ」

「うん。皆、私の子供みたいなもの。子供の、そのまた子供にも囲まれて息を引き取るなんて、素敵でしょう?」

「こーら、老後のことを目標にしてどうするのよ」

「大丈夫よ、ずっと先。たぶん、何百年も先の話だから。今だって十分に幸せだもの、こんなに幸せな人生ってないわ」

「あんたらしいのかしらねぇ」

 テファは、ふわりと微笑む。

「その時には、皆で植えた木も大きくなっているわ。私よりも長生きして、私が死んだ後も皆を見守ってくれる。思い出と一緒に、ずっと、ずっと見守ってくれる。ね、素敵でしょう」




あとがき



 テファの、本編ラストとつなぐ部分。ヒロインとして見るのならば報われないけれど、本人が願ったことを実現できたなら、これはこれで幸せの形と言えるはず。そもそも、テファの位置づけは妹で、その方向性はルイズよりも強いものと描写。目標に向かう中で見つけた恋心は、それは実現できないものとして諦めて、目標のみを直視。なので、この結果は本人としては最良の結果。ただ、創作としてルイズと同様、姉とその想い人に対する感情の話は作っても面白かった。コメディ的に酔った勢いで迫るというのも面白いけれど、敢えて避けた真面目な話で。


 マチルダは、エレオノールと合わせてメインヒロインになった大人のお姉様。年上が特別に好きというわけではないけれど、お姉様系も良い。ただ、この話を書き始めたのは大学生の時で、今は年下というのはある意味感慨深い。30になると、年下のキャラクターが出てくる方が少ないけれど……。今回の話は、気は強いけれど自己犠牲を厭わない妹想いの姉の選択と、その後。エレオノールだけでなくマチルダも一緒にというのもハッピーエンドとして良いけれど、話として、敢えて諦めることを選択。ただ、ワルドとの関係について、少しだけ含みを。


コメント
私としてはマチルダがテファと一緒にいることを選んだのは(今までの話的に)なんもおかしくないと思う
まあ、デレオノールことエレオノールのように(おそらくだが)ハルケギニアの家族を捨てて?シキについてくってのも悪くはないけどね、ただ、マチルダの場合だとそれをするのはきっと心が砕けるほど痛いと思うし(といってもシキと別れたのも同じくらいつらかっただろうけど)
エレオノールの場合、家族はみんな(精神的に)強い人物だし、さほど問題にはなりそうにないし
私としては、なるほどな~って感想
後残りわずかな後日談?、最後までお付き合いします!
2016/05/15(日) 18:40 | URL | ご都合主義 #mQop/nM.[ コメントの編集]
Re: タイトルなし
> 私としてはマチルダがテファと一緒にいることを選んだのは(今までの話的に)なんもおかしくないと思う
> まあ、デレオノールことエレオノールのように(おそらくだが)ハルケギニアの家族を捨てて?シキについてくってのも悪くはないけどね、ただ、マチルダの場合だとそれをするのはきっと心が砕けるほど痛いと思うし(といってもシキと別れたのも同じくらいつらかっただろうけど)
> エレオノールの場合、家族はみんな(精神的に)強い人物だし、さほど問題にはなりそうにないし
> 私としては、なるほどな~って感想
> 後残りわずかな後日談?、最後までお付き合いします!


いつも感想をありがとうございます。
マチルダの選択が納得できる形に出来ていたのであれば、良かったです。
残りは1話、エレオノールとサーシャです。
2016/05/16(月) 07:07 | URL | you #-[ コメントの編集]
コメントの投稿
【Font & Icon】
管理者にだけ表示を許可する
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

Libertouch

老騎士

スライム

iPad miniと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。