08 «  1. 2. 3. 4. 5. 6. 7. 8. 9. 10. 11. 12. 13. 14. 15. 16. 17. 18. 19. 20. 21. 22. 23. 24. 25. 26. 27. 28. 29. 30. 31. » 09

Freccia Celeste

スポンサーサイト 

Posted on --:--:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 |  -- trackback |  -- comment |  edit

△page top

逡巡 

Posted on 22:35:50

「――やっぱり、足りないなぁ」

 つい、大きなため息をついてしまう。ようやく長い時間をかけて計算したけれど、出てきた答えは満足いくものではなかった。答えは間違ってはいない。単純に、出てきた結果が思わしくなかっただけ。
 
 自室に戻ってから、試しにと今までの清算をしてみた。盗みをやって蓄えてきた分と、換金せずにいたものをお金に換えたらならというものだ。それなりの金額はあるかと思ったのだが、いざやってみると案外少なかった。

 そもそもお金が主目的ではなかったこと、単純に貴族の鼻をあかすことを目的にしていたからだろう。残していたものも、いざ換金するとなると難しいものばかりだった。今更ながら馬鹿なことをしていたと思う。

 なぜこんな計算をしているのかというと、完全に盗みから足を洗おうと思ったからだ。今更止めても、とは私も思う。だが、エレオノールさんを見ていて、どうしてもそうしなければいけないと感じた。そうでないと、並ぶ資格もない、と。

 たしかに大貴族の令嬢のままである彼女とは境遇が違う。それは確かにそうだ。でも、いつまでもそれにいじけたような真似をしていても仕方がない。少なくとも、シキさんが止めてくれたのだから。

 しかし、いざ止めたらと思うと足りない。むろん、私一人なら何の問題もない。学院長の秘書という仕事、単純な給料としては悪くないのだから、一般的な尺度で考えるのならそれなりに余裕があるといえる。腰を落ち着けるいい機会だろう。

 でも、これからのことを考えると、どうしても厳しい。私には、テファと、テファが世話をしている孤児達がいる。見捨てるなんていう選択肢はない。

 エルフであるテファには私しかいない。そして、それは身寄りのない孤児達も同じだ。私が、テファが人と関わらずに暮らせるように、そして、孤児達が一人立ちできるまではなんとかしないといけない。そうであるならば、私一人ならという考えはできない。それに、不安要素はまだある。

 ――戦争だ。

 本土での戦争という状況、これからますます孤児達は増えていくだろう。テファがそれを見捨てられない以上、私も見捨てられない。ならば、まとまったお金がどうしても必要だ。

 ゆっくりと、机の引き出しを開ける。質素な机には似つかわしくはない、大粒のエメラルドを細工したもの。普段は身に着けたりしないけれど、私の宝物。盗んだものじゃない、本当の宝物。いざとなったら、極めて希少だといえるサイズのこの宝石は、今までの蓄え以上の価値がある。

 ……けれど、これは売りたくない。今の私の、本当の宝物。テファと、この宝石。

 そっと触れる。最初は金銭的な価値があるからと大切にしていたけれど、今では私にとって、もっともっと大きな価値がある。単純な宝石である以上に、好きな人が私に似合うものをと細工にも気を使ってくれた。

 売れば、幾分余裕ができる。

 ――でも、売りたくない。両方をなんていうのは都合が良すぎる。それでも、どちらも諦めたくない。堂々めぐりに目を閉じる。

「……どうしようかなぁ」

 そこらの貴族相手に盗みをちょっとやればなんの心配もないけれど。

「……嫌われたくないし」

 ひんやりとした机に、頬を寄せる。確かに、今更だとは思う。それでも、シキさんは見逃してくれた。また盗みをやったら、シキさんに顔向けできない。

「――シキさん、起きてますか?」

 誰もいない部屋で、自分しかいないのになんとなく口にする。





 ――贅沢は言いません

 自分がやってきたことは、どうしたってなくならないから

 本当にエレオノールさんを選ぶというのなら、大人しく身を引きます

 




 でも、今だけは甘えさせてください

 一緒に寝るだけでいい

 なにもしなくても良い

 ただそれだけでいいんです

 好きな人の手の中に

 何の心配もいらないそこにいると、今まであんまり良いことはなかったけれど、幸せだって、思えるんです





 それに、その時だけは、独り占めできるから
 
 シキさんがしたいって思ったときも私次第
 
 シキさんを私のものにしているみたいで、すごく楽しいから




 今は、それ以上は求めません

 だから、今だけは私のわがままだけを聞いてください

テーマ - 二次創作:小説

ジャンル - 小説・文学

△page top

この記事へのコメント

どうもお久しぶりです。
相変わらず面白いです。そういえば、他の方もカトレアの病の事を述べられていましたが、悪魔全書のミトラの説明に『調和を守る力の1つとして、病を癒す力も持つとされる。』載っていました。まさに、そのままでした。
後、話は変わるのですが女神転生Ⅲの小説(確かファミ通文庫)の人修羅の名前『間薙シン』で検索をかけたら、
能力がデタラメでした。ただ、真偽判らないので小説を買って読んでみよう思います。
それから、人修羅にデルフリンガーは必要ないでしょうが、あらゆる武器を使う事のできるガンダールヴだとダンテの真似ができるのではないでしょうか?
また、長くなってしまってすみません。インフルエンザもまた、流行りはじめているのでお互い体には気をつけましょう。それではまた。

タク | URL | #Y57oxdIY

2009/08/24 21:33 * 編集 *

少女マンガ読んでるような気分になりました。
いや、背中がカユイカユイ。

ファルケ | URL | #Do36FZBw

2009/08/24 23:29 * 編集 *

こちらでははじめまして。
混沌が更新されていて凄く嬉しいです。
でもご無理だけはなさらないで下さいね。

乙女心な少女漫画でお勧め…うーむ。
こればっかりは感性ですんで難しいですね。
白泉社系なら、あまりはずれはないと思いますが…you様がどのようなスタイルの少女漫画をお求めになってるか、によると思います。

ゆ。 | URL | #z9jllgzo

2009/08/25 18:32 * 編集 *

Re: タイトルなし

> どうもお久しぶりです。
> 相変わらず面白いです。そういえば、他の方もカトレアの病の事を述べられていましたが、悪魔全書のミトラの説明に『調和を守る力の1つとして、病を癒す力も持つとされる。』載っていました。まさに、そのままでした。
一つは、単純な病とは考えていないというのがあります。
動物の話が分かるだとか特別な部分があるので――イメージとしては呪いの類のような。

> 後、話は変わるのですが女神転生Ⅲの小説(確かファミ通文庫)の人修羅の名前『間薙シン』で検索をかけたら、
> 能力がデタラメでした。ただ、真偽判らないので小説を買って読んでみよう思います。
無敵状態の小説があるとは聞いたことがありますが、個人的には「吉村夜」という方が書いた女神転生系の小説が作りこまれていてお勧めです。

> それから、人修羅にデルフリンガーは必要ないでしょうが、あらゆる武器を使う事のできるガンダールヴだとダンテの真似ができるのではないでしょうか?
やろうと思えばできるでしょうね。
ただ、使う機会がなかなかないので、短編のアイデアが出たときなんかでしょうか。

> また、長くなってしまってすみません。インフルエンザもまた、流行りはじめているのでお互い体には気をつけましょう。それではまた。
インフルエンザははやっているので確かに。
特に、現状、体力半減、薬で免疫低下、腎臓病でかなりデンジャーな状態なので、特に(笑)

you | URL | #-

2009/08/25 22:37 * 編集 *

Re: タイトルなし

> 少女マンガ読んでるような気分になりました。
> いや、背中がカユイカユイ。

そこが――最初は「乙女心」にしようと思ったあたりです(笑)

you | URL | #-

2009/08/25 22:38 * 編集 *

Re: タイトルなし

> こちらでははじめまして。
> 混沌が更新されていて凄く嬉しいです。
> でもご無理だけはなさらないで下さいね。

本格的な更新とは違うのですが、まったく書かないとますます書きづらくなるので。
もちろん、入院明けで無茶するとまた逆戻りですしね。

> 乙女心な少女漫画でお勧め…うーむ。
> こればっかりは感性ですんで難しいですね。
> 白泉社系なら、あまりはずれはないと思いますが…you様がどのようなスタイルの少女漫画をお求めになってるか、によると思います。

限定は全くないですね。
古いものなら「白鳥麗子でございます」、最近なら、「ハチクロ」、「のだめ」は面白かったという記憶が。
面白いのはもちろん好きですが、破綻していなければ極端なまさに少女漫画というものも読んでみたいなというのがあります。

you | URL | #-

2009/08/25 22:41 * 編集 *

お久でございます

唐突に俺が初めて買った少女漫画(出身の単行本)である
青春ばくはつ劇場を思い出しました
↑アレを少女漫画にカテゴライズして良いのかどうか迷う所だが

ところで夜を過ごすついでにマガツヒを吸収してんじゃね?
なんて思うのは俺だけでしょうか?

Lapis lazuli | URL | #pamUQ3n2

2009/09/09 16:09 * 編集 *

Re: お久でございます

お久しぶりです。
――ということはメインの話もかなり書いていないということに……
そこはできるだけ早めに書きたいのですが

> 唐突に俺が初めて買った少女漫画(出身の単行本)である
> 青春ばくはつ劇場を思い出しました
> ↑アレを少女漫画にカテゴライズして良いのかどうか迷う所だが

少女漫画は割りと何でもありなものがるのでアリかと(笑)

> ところで夜を過ごすついでにマガツヒを吸収してんじゃね?
> なんて思うのは俺だけでしょうか?

そういうことも――あるかと思います^^

you | URL | #-

2009/09/12 01:01 * 編集 *

ふうむ………

>少女漫画は割りと何でもありなものがるのでアリかと(笑)

貴方が

青春ばくはつ劇場を知ってるか否かで大いに意味合いが変わる

お返事ですなあ

Lapis lazuli | URL | #pamUQ3n2

2009/09/17 09:46 * 編集 *

Re: ふうむ………


ネットカフェにはよく行くので、そのときには見てみたいですね。

you | URL | #-

2009/09/18 22:23 * 編集 *

△page top

コメントを投稿する














管理者にだけ表示を許可する

△page top

トラックバック

トラックバックURL

→http://ineverforget.blog25.fc2.com/tb.php/478-69264b5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

△page top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。