スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引越し立会い

今月頭に引越し自体は終わっていたんだけれど、ようやく前に借りていた部屋の立会いも完了。

で、改めて思うのは回復義務範囲をガイドラインで事前に確認するのは大切だということ。

今回は壁紙に関して2点。壁際に家具を置いていて付いたらしい跡と、壁に飾った絵の陽焼け?跡の変色に押しピン穴。どちらも自然損耗扱いで負担義務は無いって言っても食い下がるので、ガイドラインを確認していることを伝えた上で、写真を撮って明細要求したところで問題無く終了。業者側がこちらで何とかしますって折れた形になったけれど、そもそ公的ガイドラインにも明記されている内容という。

なんにせよ、消費者センターに連絡するのは面倒だから、円満な話し合いで終わって何より。自分で綺麗に使っていますねと言っておいて、ガイドラインを無視して請求しようなんてまさかの話。

奥さんが前に借りていた部屋の業者なんかは、敷金全部に更に数十万円要求ととんでもないところで、それは時間が経っていたのと遠方になるのとでそのままにしてしまったのは、とても残念……。

国土交通省のガイドラインを無視する悪質な業者は実際に少なく無いから、最低でも、自然損耗の範囲と、修繕の場合でも入居年数で変わる負担割合の確認は必須。

ガイドライン


これでようやく引越しが一段落で、新しい部屋も最低限生活できるぐらいには片付いたし、新しい職場での仕事も来週から本格的に始まる予定。仕事、色々と話が違って、何をやるかから決めないといけなさそうなのがアレだけれど……

引越し先がようやく確定

引越し先が何とか確定。

しかしながら、不動産屋に行く直前にもネットで確認していた第一候補は成約済み、第二候補は現場に行ったら実は鍵が無かったと見ることすらできず。結局、悪くはないけれどぐらいに思っていた部屋で契約。最寄り駅に近いのは良いんだけれど、近すぎると狭いのに割高・生活用品の買い物がし辛い・うるさいという欠点にもなったり。

まあ、引越しは余裕を持って、そして、良い部屋を見つけたらすぐに動くぐらいでないダメという当然の話。辞令が出る前には作りの良さに定評のあるライオンズマンションの物件なんかも手頃な値段、良い場所にあったものを……。

今回の場合は引越ししなければいけないかどうかも確定できなくて本当に急ぎで決めたけれど、引越しにかかる諸費用なんかを考えると、例え家賃を1〜2ヶ月分多く払うことになったとしても、後々のことを考えれば本当に良いと思える部屋に引っ越すべきというのが教訓。

唯一の救いは、近い拠点間の転勤に手当とかは一切無いと聞いていたけれど、実際は会社からの支給で8割ぐらいは何とか出来たこと。人からの情報で自分から総務に聞いてようやく手当支給の手続きをしてくれて、更にその後、連絡した時にも無いと聞いていた引越し業者依頼の費用も実際は会社負担だと判明。前々から「うちの会社の総務には一切期待してはいけない」とそこそこで聞いていた言葉を、なるほど、ここまで酷いのかと理解した次第……。

辞令は出たけれど

ようやく辞令が出たけれど、日付がおかしい。
引き継ぎやらが色々とあるから早めにという話だったのに、日付がまさかの事後。
無理やりにでも終わらせて今月半ばには移動とかか……
引越しも家賃の関係があるから、そんなに早くは無理で……

タブレット

 タブレットが欲しい──と思ったり。

 メインとしては、Wi-Fiとテザリング運用のiPad mini2を専用のキーボードカバーと合わせて、パソコン代わりにも使っている。ただ、そういう風にメインとして使っているからこそ、外で同時に資料を参照したりとかができる端末が追加で欲しい。スマホとしてiPhone5sを使っているけれど、調べ物はともかく、資料参照用としてはちょっと厳しい。

 で、まず候補として考えたのが、7月頃にリリースされた、mediapad t2。7型と10型があって、どちらもミッドレンジとして十分なスペックにしては抜群に安く25,000円切るぐらい。7型の方はSIMフリー音声通話もOKのファブレット、評判も上々の指紋認証対応、重量250g程度と最軽量クラス。10型の方はWi-Fi専用だけれど、サイズが大きいのを活かした画面分割対応、最軽量クラスより100g重いけれど、500gと許容範囲。



 これがリリースされる前はzenpadで考えていたけれど、値段、スペック、見た目共にmediapadが上。難点は中国製代表のファーウェイであることで、それはまあ、一般人なら……。ともかく、バランスが抜群に良い端末なのは確か。国内メーカーやiPadで同等スペックを求めると軽く倍の値段になるだけに、コストパフォーマンスは最高に良さげ。

 そして、追加タブレット購入に合わせて、メインの環境をAndroidに移しても良い。最初に買ったスマホはAndroidのガラパゴスで悪かったわけでは無かったし、今iPhoneとiPadを使っているのは良い端末というのはもちろんだけれど、キャリアで使う時には値引きが大きい、良い値段での下取りやヤフオクでの売却ができるというのから総合判断した結果。数年前にも格安SIMが出始めていたけれど、固定回線と合わせた値引きと一0円端末の値引きを合わせると、キャリアでもそれなりに安く運用できた。

 ただ、中途半端な規制の結果は、基本料金はそのままに一括0円とかの端末が無くなる、値引きは減ると残念な現状。12月頃にiPhoneとそれと同時に加入したWiMAXが更新時期になるけれど、更新するメリットが少なめだから、一気に格安SIMに変えても良い。メールの関係でスマホをiPhoneから変えるのは面倒ではあるけれど、それならそれで、SIMフリーのiPhoneSEと組み合わせても良い。最近の格安SIMはびっくりするぐらいサービスが拡大していて、複数SIM、音声通話、10GBで4000円ぐらいと大手キャリアの半額以下と安い。光回線単独でも、割引を駆使すれば、月4000円程度で、今より便利になって、かつ安くなりそう。WiMAXはどうも回線の安定性がイマイチでもある。

 しかしながら、やっぱり面倒は面倒で、単純に資料参照用のタブレットを追加ということなら本当に最小限の機能で十分で、kindle fireという選択肢も無いではない。Amazonプライムに加入すれば、5000円ぐらいでそれが手に入る。



 このAmazonプライム、メリットを一つ一つ考えれば、月300円程度の負担でお急ぎ便、特別セール、動画見放題、音楽聞き放題、月1冊kindle本無料、とかなりお得。一つ一つの内実は微妙だけれど、合わさるととても魅力的。少なくとも、ヤフープレミアム会員よりは……。ヤフオクでの販売の為に退会できないけれど、値上げを繰り返して今じゃ月500円に……。

 さてさて、こうやってお得な情報を探してシミュレートするのは楽しいけれど、どれからやってみようか。Amazonプライム加入、kindle fire購入をサクッとやってみても良いし、やっぱりそれなりの使い勝手があった方が良いからmediapadでというのも悪くはない。Amazonプライムはプライムとして加入、mediapad 7型を購入、更新の時期に格安SIMでも良い。どうするのが一番良いのか悩ましい。



続きを読む

今度は

つい先日、父方の祖母の49日が終わったと思ったら、今度は、母方の祖父逝去の連絡が。
夫婦で続くのは聞くけれど、そうくるか……


それと、仕方ないにしても出費もなかなかのもの。
特に今回、この時期に直前予約の飛行機だから、九州への往復もろもろで自分1人でも7万ぐらい……
ブログ内検索
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

フリーエリア

Libertouch

老騎士

スライム

iPad miniと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。